スポンサードリンク

レコーディング(記録)ダイエット

レコーディングダイエットと聞いて、皆さんはどんなダイエット法を思い浮かべるでしょうか。
本当にレコーディングするわけでもなく、カラオケボックスなどでダイエットするわけでもありません。
レコーディング=記録ということなんです。
レコーディングダイエットとは、作家で有名な岡田斗司夫氏が115sを67sに1年間で減らしたダイエット法です。
「いつまでもデブと思うなよ」という著書がベストセラーになりました。
また、森三中の村上知子さんがテレビの企画でこのレコーディングダイエットを行って実際やせたことでも知られています。

レコーディングダイエットのやり方は本当に簡単です。
まず、自分の食生活を知るために、食事の品目と時間をノートなどに記録していきます。
次に毎日、同じ時間、同じ条件で体重を量ります。
このときできれば体脂肪も合わせて記録すると良いでしょう。
2週間ほど毎日繰り返しましょう。

その後は今までの記録に加えて、食事のカロリーを書くようにします。
カロリー表はインターネットなどで調べるとすぐに分かりますので、検索してください。
これも2週間ほど続けます。
正味1ヶ月ほど経ちましたが、これが終わったらやっとダイエット開始です。
1日の摂取カロリーを今までより少なめに制限します。
カロリーオーバーした場合、次の日に調整すれば大丈夫ですので、そんなに気にすることはありません。
大きく考えて、1週間で調整すれば大丈夫です。
反省等はしないようにしましょう。
ストレスの基ですからね。
また適度な運動をすると、なお良いでしょう。
結果が少しずつ出てくると思いますので、グラフを作って記録していくと楽しいですよ。

結果を出したい人のためのプロテインダイエット

プロテインダイエット(たんぱく質ダイエット)は、お笑い芸能人の友近さんが3ヵ月間で8キロのダイエットを成功させた方法として、注目されていますよね。
CMなどでも最近良く宣伝されています。
このプロテインダイエットとは、3食中1食をプロテインと入れ替えるという単純なダイエット法です。
他のダイエット法と比べてみると、プロテインダイエットは手軽な分、多少出費がかさむため、短期間で結果を出したい人向けのダイエットほうです。
プロテインダイエットで使うプロテインはメーカー等によって価格や味が全く異なるので、事前に自分でネット等で調べておいたほうが良いかもしれませんね。
私のオススメは友近さんがCMをしているDHCです。
比較的安いですし、味も美味しいと評判ですよ。
他にもサニーヘルスのマイクロダイエット、グローバルのスリムトップス、明治製菓のパーフェクトプラス・プロティンダイエットなどもオススメです。
プロテインダイエットを行なう場合、できる限り運動も一緒に行ないましょう。
プロテインを3食中1食摂取するんですが、他の2食についても、キチンとカロリー計算をして、栄養のバランスを良く考えた食事をしましょう。
基本というか希望としては、夕食と入れ替えると良いかもしれませんね。
朝はフルーツ、昼は普通の食事、夜はプロテイン、そして適度な運動。
これをしばらく続けると、効果が出始めてきますよ。
プロテインダイエットのプロテインは、飲みやすくなっていますが、
やはり人それぞれ、飲みにくい人もいると思います。
ですので、最初にプロテインを購入される場合は、一番小さいものを選んで、試してみると良いでしょう。

キャベツダイエットのすすめ

キャベツダイエットは、ビタミンCがたいへん多く、そして低カロリーなキャベツを使ったダイエット方法ですね。
キャベツダイエットの方法は以下3つの方法があります。
最初にキャベツだけを食べ続ける方法。
これはキャベツに飽きてしまうこともあるでしょうし、また、栄養も偏ってしまうため、このキャベツダイエット法は控えましょう。
次に、1食をキャベツと入れ替えるダイエットです。
最初のキャベツだけを食べ続ける方法よりも長く続けることができますし、また、たまにキャベツダイエットを休んだりすれば意外と簡単にできるかもしれませんね。
主食のごはんやパンをキャベツと入れ替えて続けてみるのも良いかもしれません。
最後に3つめとして、食事の前に10分くらいかけて生キャベツを食べるという方法です。
理想としてはそのままの状態が良いのですが、飽きてしまうので、ドレッシングなどをかけても大丈夫です。
なお、そのドレッシングは低カロリーのものを選んでくださいね。
キャベツに飽きたらレタスやきゅうりなど他の野菜と入れ替えてみるのも良いですよね。
食べる量としては1/6くらいが目安です。
食事の前に食べることで、噛む回数が増し、満腹中枢を刺激し、食事の量を減らすというのがこのキャベツダイエットの目的です。
噛む回数を増やすためには、キャベツをあまり小さくしない、茹でたり焼いたりして柔らかくしないというのが必要となります。
なお、食事は午後8時前までには終わるようしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。